草加幸楽園 施設長

鈴木 康祐


  1. インタビュー
  2. スケジュール
  3. carreer
  4. 卒業生へ一言

インタビュー

白報会を選んだ理由・きっかけ

説明会でブロック長の松島さん、森さんと話した事がきっかけです。
大学卒業までに就職先が見つからず既卒となってしまい、卒業後7月まで就職活動を続けていました。周りの友達に遅れを取ってしまった事が悔しく、どうせ出遅れたならきつい仕事でもチャレンジして出世したいという気持ちを説明会で伝えました。年齢に関係なく実力がある者は役職を与えてくれる会社である事を聞いて魅力を感じ、入社を決意しました。

白報会に入職してよかったと思うこと

成長できる環境を貰えた事。自分で考え、行動する力を身に着けられる環境が白報会にはあります。「与えられた指示をただこなすだけならロボットでもいい」という白理事長のお言葉がありますが、自発的に動く事のできる人材が必要とされている事を日々感じます。

仕事をやっていく中で大変だと思うこと

対人関係は特に気を使う部分です。管理職となると自分の部下、上司、取引先の方と接する機会も一般職より格段に増えます。常に相手が何を求めているのか、どうしたら感動させられるのか、等を考えコミュニケーションをとる難しさを感じています。

将来的にどんな仕事に挑戦していきたいか

施設長は一つの施設を管理するのが仕事ですが、将来的には一事業部を管理できるようになりたいと思っています。

仕事のやりがいをどんなところで感じるか

自分の思い通りに事が運んだ時です(笑) 問題や課題に対して解決策を考え実行し、結果として施設が良くなったと実感できる時が一番やりがいを感じます。

仕事をする上で大切にしていること

「小さな仕事でもこだわりを持ってやる」という事です。時間や手間のかからない事でも拘って行えば周りからも信頼されますし、自身に負荷をかける事になるので成長に繋がります。
新卒で入社後、仕事に慣れてきた人ほど心掛けるといいかもしれません。私もこの部分をおろそかにして散々怒られましたので(笑)

スケジュール

現場の介護職であれば利用者の方の生活リズムに合わせて動く形になりますが、主任や施設長となると基本的に決まった流れはありません。
その時の状況によって面談や営業のアポイントなど、自身で必要な業務を考え予定を組み立てていきます。

とある日のスケジュール
8:30 出社・朝礼
9:30 病院へ外出し新規入居希望の方のカンファレンス、家族面談
11:40 現場の主任とランチミーティング
13:00 人員募集の為の求人の原稿のチェック、入稿
14:30 面談室にて職員面接
16:00 全体会議に参加
職員にカンファレンスの内容を周知、入居日の調整
17:30 退社

【草加幸楽園 鈴木施設長】

卒業した学校・学部・学科名 駒澤大学 経営学部 経営学科
所属事業所 草加幸楽園
白報会での役割・業務内容 施設長 有料老人ホームの管理・運営

卒業生への一言

学生さんにとって一番怖いのが就業後のミスマッチだと思います。
なので通常、企業の説明会で聞きづらい事なども気軽に聞いちゃってください。
白報会は全てざっくばらんにお答えします。是非一度話を聞きに来てみて下さい。

PAGE TOP