在宅医療部 事務長

在宅医療部 事務長

現在の仕事内容

半年ほど前から王子病院 在宅医療部・ねりま在宅診療所・わこう在宅診療所の事務長を兼務させて頂いています。
事務長の仕事とは、施設運営、人事採用、総務的な業務、新規開設事業、広報活動、行政対応、クレーム処理など多岐に渡ります。
日も浅いながら思うことは、スタッフがいかに気持ちよく働ける環境を作ることだと思っています。これが基本だと考え、そういう環境で働いているからこそ、良いパフォーマンスができると思います。
あらゆる場面において、真摯に向き合い、丁寧に対応することを心掛けて、スタッフの協力を得ながら、より良いクリニックを作り上げていく過程です。

仕事で良かったこと辛かったこと

よかったこと:
元々医療相談員として、この白報会に入職し、相談業務を担当していました。
想像を絶するほどの劣悪な環境下で生活を送っていいた方に介入し、安寧な在宅生活に戻すことができた事です。医療と介護サービス・行政を繋ぎ、清潔で安全な環境を確保し、永くお付き合いできていることです。

辛かったこと:
独居で身寄りのない末期がん患者さん。本人の希望は、自宅で看取って欲しいとのことで、訪問診療介入しました。併せて訪問看護、訪問介護介入し、経過を見ていました。しかし、病状悪化したところで、本人の不安が強くなり、医療機関への救急搬送後、入院となりました。入院し、2日目でお亡くなりになられましたが、当初の希望を叶えることが出来ませんでした。途中で、希望が変わることはよくある事ですが、それまでに至る間にもう少し本人の不安や苦痛に寄り添うことが出来なかったのか、今でも悔やまれるところです。

学生へのメッセージ

超高齢化社会を迎える日本の社会において、多種多様な経験をされてこられた方々に対し、より良いサービスの提供をいかに提供していくか、求められています。私たちは多種多様なニーズに応える為に、日々、奮闘しています。この先、当法人が成長していく上では、多様性を養い、対応していくことが不可欠です。若くて柔軟性豊かな皆さんだからこそ、多様性に対応する力があると思います。豊かな才能を発揮できる場でありたいと思っています。
「この人と出会えて良かった」と心から思われるような他者を思いやり、自身をも思いやれる優しい気持ちと強さを身に着けてください。

(ある人が推薦してくれた本に書かれてあった一文を紹介させて頂きます。)
仕事をする上では強さが必要です。困難な仕事を成し遂げる『粘り強さ』、失敗しても叩かれても立ち上がる『芯の強さ』、ときには自説を押し通す『気の強さ』も必要でしょう。しかし、強さだけでは幸せになることはできません。強さの根底に優しさがなければ、幸せになることはできないのです。

1日の流れ(医療相談員・メディカルコーディネーター)

9:00 朝礼 スケジュール・メールチェック
10:30 担当者会議参加(居宅や施設に伺って参加)
11:30 帰院(担当者会議内容カルテへ反映)
12:00 ランチ(院内で食べることが多いが、たまには気分転換兼ねて外でランチすることもあります。)
13:00 事前訪問(インテーク)の準備
14:00 事前訪問(インテーク)のため、居宅や施設へ訪問し、アセスメント行い、訪問診療の説明と同意を頂く。
15:30 帰院 アセスメント作成・調整(日程・ルート・関係機関など)カルテ入力;初診までの準備を行う。
16:30 終礼(送りや明日のスケジュール共有する)
17:00 退勤

キャリアアップヒストリー

2013(入職 1年目)
あおぞらクリニック 医療相談員(社会福祉士)
入職時から決まっていた引っ越し。入職2ヶ月であおぞらクリニックが移転し、あだち在宅診療所として開設。医療相談員として配属。
中途入社ではありましたが、ソーシャルワーカーとしては新人。先輩の元で手取り足取り指導を頂きながら、ソーシャルワークを始める。
2014(入職 2年目)
王子病院へ移動
独り立ちには、時期尚早のため、系列クリニック先輩相談員に継続指導受けながら、新規開設部署の切り盛りすることとなる。業務内容は変わらず、医療相談員として訪問診療導入から終結まで、関わらせて頂く。また、院内の調整や関係機関との調整業務を行う。
2016(入職 3年目)
自身のキャリアアップのため、精神保健福祉士取得。
2017(入職 4年目)
王子病院 在宅医療部 副事務長(主任)となる。事務長の元でサブ的な業務と医療相談員の兼務を希望し、相談業務も継続して行う。
2018(入職 5年目)
王子病院 在宅医療部・ねりま在宅・わこう在宅 事務長兼務
管理業務へ移行していく。自身のスキルアップのため、介護支援専門員取得。(今後、実務研修受講予定)

PAGE TOP